わが人生は愛と喜び

BGM [Joseph Strauss: MEIN LEBENSLAUF IST LIEB’ UND LUST, Op.263, waltz]
(Recorded in 1952 out of neighboring rights)

Mozilla Firefox / Google Chrome / Opera/ Microsoft Edge
上記ブラウザで音楽を再生することが出来ます。

Visitors over 50 years of national protection period of neighboring rights must not be downloaded.

「わが人生は愛と喜び」私のことではなく、ヨーゼフ・シュトラウスの最高傑作と言われるワルツです。「美しき青きドナウ」で知られているヨハン・シュトラウスの弟です。
1869年にウィーンの大学生の舞踏会の為に作曲されたとされています。明るく朗らかで、人生の幸福に満ちた雰囲気を持つ美しい曲です。「美しき青きドナウ」は、1866年のプロイセン=オーストリア戦争で大敗し、失望の底に沈んだウィーン市民を慰めるために作曲されたとされ、舞踏会がなくなった現在でもワルツは強い感動を与え続けています。
平成大不況にこの曲を聴いて桜工会の皆様が元気をもらえますように。
演奏は、クレメンス・クラウス指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で1952年前後のモノラル録音ですが、非常に優秀な録音です。アナログレコードから私がデジタル化したもので、ヴァイオリンの弦の美しい音色に感動します。1950年代前半のウィーン・フィルは、ものすごいレベルですね!それを当時の優秀なアナログ録音が記録しています。
アナログといえば、旧1号館はレトロな美しい建物でしたね!そんな素晴らしい建物で学生時代を過ごせたのは「わが人生の誇りと喜び」です。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in ジャズ・クラシック音楽. Bookmark the permalink.

3 Responses to わが人生は愛と喜び

  1. Myrtle Neace says:

    hello!,I like your writing very a lot! proportion we be in contact extra about your article
    on AOL? I require an expert in this house to resolve my problem.
    May be that is you! Taking a look forward to look you.