プリウス勝手に急加速 ハッカー“魔の手”の衝撃

MSN産経ニュースの記事では、プリウス搭載のコンピューターシステムが悪玉ハッカーに乗っ取られる危険を次のように述べています。

ハッカーたちの“魔の手”はもっと危険なところにも忍び寄っていました。米国の善玉ハッカー2人が、車載コンピューターによって電子制御されている最近の乗用車は、ハッキングによって第三者がハンドルやブレーキを簡単に操作できるとの衝撃的な報告書を公表しています。
2人は米国防総省の技術研究機関、国防高等研究計画局の支援を受け、トヨタ自動車の「プリウス」とフォードのSUV「エスケープ」の車載コンピューターをハッキングした数カ月にわたる実験結果を100ページの報告書にまとめ、公表しました。
2人は後部座席に座り、普通のノートパソコンを運転席のそばにある車載コンピューターのシステムにケーブルで直結、簡単にハッキングを成功させ、電子制御プログラムを改竄(かいざん)しました。
そして、2人が報告した実証実験の結果は本当に恐ろしいものでした。運転手は何もしていないのに、2人が後部座席でパソコンを操作すれば、時速約130キロで走る「プリウス」に勝手にブレーキをかけ、ハンドルを自在に動かし、エンジンを加速させることにも成功したそうです。また低速で走る「エスケープ」のブレーキを、運転手が踏んでも作動しないようにできるそうです。
この実証実験の結果を受け、米国のトヨタ自動車の広報担当はロイター通信に「車載コンピューターのシステムを見直す。自動車メーカーはこうしたシステムのセキュリティー向上のため多額の投資を行ってきたが、不具合が残っていた」と説明。フォード側も「真剣に対処する」とコメントしました。
しかし、こんなことで驚いている場合ではありません。一昨年、別の学者グループがブルートゥース(短距離無線通信技術)とネットのワイヤレス・ネットワークを使って、乗用車の車載コンピューターを外部からハッキングし、遠隔操作することに成功しています。しかしこの学者グループは、社会に与える影響の大きさを考慮し、実験に関する詳細を現在まで一切公表していないそうです。

車載コンピューターのシステムにノートパソコンをケーブルで直結してハッキングしても運転者が気付くはずなので問題はありませんが、ブルートゥース(短距離無線通信技術)とネットのワイヤレス・ネットワークを使って、乗用車の車載コンピューターを外部からハッキングして遠隔操作されると怖いですね!!!
例えば高速道路で、時速約130キロで走る「プリウス」に悪玉ハッカーが他の車から運転者の意思とは反対にブレーキをかけたり、ハンドルを動かされたり、エンジンを加速させられたりすると数台の車がまきこまれるような大事故になる可能性があります。トヨタ自動車も車載コンピューターのシステムのセキュリティーを見直すと言っていますが、時間がかかりそうです。それまでユーザーは自分をどう守ればいいのでしょうか?
ワイヤレスであることから、車両のドア・トランクの施錠・開錠、エンジンの始動が可能な「電子キーを使ったスマートエントリー」をすぐにイメージしますが、ブルートゥース(短距離無線通信技術)は使われていないので問題はなさそうです。
また、オーディオやハンズフリー機能にもブルートゥース(短距離無線通信技術)が使用されていますが、ECU(Engine Control Unit)とはつながっていないようなので問題はなさそうです。
しかし、プリウスPHVでは運転席上部に設置されている通信ユニット(CAN-BT)から、登録されたスマートフォンへブルートゥース(短距離無線通信技術)で自動的に通信、スマートフォン経由で走行距離や充電状況がトヨタスマートセンターへ送信されるそうです。走行距離を送信できるということはECU(Engine Control Unit)と通信ユニット(CAN-BT)はつながっているようですが、ブルートゥースは短距離無線通信技術なのでワイヤレス・ネットワークを使って車外に送受信するためには車内に両規格に対応したアクセスポイントが必要です。車内に見知らぬアクセスポイントのようなものがあれば販売店に連絡したほうがよさそうですね!

[2013/9/8 追記]
Bluetooth Ver2.0 EDR(Enhanced Data Rate) Class 1 の最大通信距離は100mです。この規格のbluetooth usbアダプタを車載コンピューター(Engine Control Unit)のUSB端子に接続できれば、100m以内なら車外からハッキングして遠隔操作が理論的には可能となります。この場合にはワイヤレス・ネットワークは使用しないのでアクセスポイントも必要ありません。

乗用車の車載コンピューターを外部からハッキングして遠隔操作されない為には、アクセスポイントやbluetooth usbアダプタを車内に持ち込まれないようにしなければなりません。車から離れる場合には短い時間でも必ずドアをロックする必要があります。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.