自動運転実験の車、試験走行で事故 実験中止に 愛知

MSNニュース(朝日新聞DIGITAL)から

愛知県豊田市は26日、運転手なしの自動運転実験の車が市中心部で試験走行中、物損事故を起こしたと発表した。市などは市美術館で開かれている「クリムト展 ウィーンと日本1900」(朝日新聞社など主催)に合わせて、この車に来館者を乗せる実証実験を29~31日に予定していたが、中止を決めた。
市によると、26日午後2時20分ごろ、豊田市樹木町1丁目の市道で、走行中の実験車を後続の乗用車が右側から追い越そうとしたところ、実験車が突然、右側に曲がり、ぶつかった。乗用車はバンパーの左側が、実験車は前部座席などが壊れた。けが人はいなかった。
実験車は改造した電動ゴルフカートで、事故当時、実験に参加する名古屋大学の関係者ら4人が乗り、時速14キロで走っていた。実験車が右側に曲がった際、運転席に座っていた担当者がブレーキをかけたが、間に合わなかった。市の担当者は「原因を究明してから実験を再開するかどうか判断したい」と話した。
市は2017年以降、名大などとともに市内の足助地区の山間地や稲武地区の集落で実験を重ねてきた。今回は名鉄豊田市駅前から市美術館駐車場までの約1・3キロで、実証実験をする予定だった。

[私の感想]
公道で自動運転の実験を実施するのは、やめてほしいですね!今回の事故では、人身事故にならず物損事故だけで済ましたが、まだ実験レベルの自動運転車を市道などの公道で走らせるのはたいへん危険です。こんなことは道路交通法などで取り締まれないんですか?
すくなくとも実験レベルの自動運転車はメーカーなどの試験場で徹底的に試験走行して安全が確認されて公道を走ってもらいたいですね!アメリカでは、自動運転車の人身事故が発生して被害者が亡くなるという痛ましい事故が発生しているのに、本当に無知ですね!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.