畳についたアクリル絵具をおとす方法

畳についたアクリル絵具(ターナーアクリルガッシュ ジェットブラック)のしみをおとす方法の備忘録です。

アクリル絵具は、乾く前は水に溶けますが、いったん固まると、強い耐水性があり水に溶けません。しかも乾きが早いのでやっかいですが、ターナー色彩株式会社から、パレットについた絵具のしみをおとすパレットクリーナーが販売されています。これが畳についた絵具のしみも落としてくれます。

1. まず綿棒の先にパレットクリーナーをつけます。
2. 畳についた絵具のしみをパレットクリーナーをつけた綿棒でごしごしと何度も根気よくおとすと、やっと絵具のしみがおとせました。

注意.
汚れをおとしきるには根気が必要です。ほとんど一回では汚れは消えません。
また畳についた絵具のしみをおとすには、歯ブラシよりも綿棒が最適でした。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in Art・飛行機. Bookmark the permalink.

Comments are closed.