Ubuntu 18.04 LTSをWindows Vistaパソコンの内蔵ハードディスクにインストール

Windows Vistaパソコンの内蔵ハードディスクに、Ubuntu の最新OSであるUbuntu 18.04 LTSをインストールした備忘録です。サポートが切れてインターネットに接続できないWindows Vista を潰してUbuntu 18.04 LTS パソコンにします(使いにくい外付けハードディスクにUbuntu 18.04 LTSはインストールしません)。
このWindows Vista パソコンのディスプレイは1280×800ドットで短く、Ubuntu 18.04 LTSのインストーラーの「インストールの種類」ページの「ブートローダーをインストールするデバイス」などが指定できない状態になり、インストールができません。なので先ずUbuntu 16.04 LTSをインストールして次にアップグレードで、Ubuntu 18.04 LTSにします。

手順1.Ubuntu 16.04 LTSのダウンロード
まずJapanese Teamが作成しているUbuntu Desktop 日本語 Remix イメージをダウンロードページ(https://ubuntulinux.jp/News/ubuntu1604-ja-remix)からダウンロードします。
Ubuntu 日本語 Remix ISOイメージは(ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso)です。
Ubuntu 16.04 から32bit版はダウンロードページには存在していません64bit版だけですので64bit版のOSをインストールできないパソコンはUbuntu 16.04 LTSをインストールできません。

手順2.Ubuntu 16.04のインストールディスクを作成する。
Ubuntu 12.04のようにCD-Rでは容量が足りませんのでインストールディスクにはDVDが必要です。ダウンロードしたISOイメージをDVDに書き込みます。

手順3.DVDにインストールディスクをセットして、DVDに先ず起動がかかるようにします。

手順4.Ubuntu 16.04をハードディスクにインストールする。

1)最初にあがる「インストール」ページの「Ubuntuのインストール」をクリックします。

2)次の「Ubuntuのインストール準備」ページの、「アップデートをダウンロードする」と「サードパーティーソフトウエアをインストールする」もチェックせずに、「続ける」ボタンをクリックします。

3)次の「インストールの種類」ページでは、インストールされている Windows Vista をインストーラが認識して、選択オプションが下記のように表示されます。
・「UbuntuをWindows Vistaとは別にインストール」
・「ディスクを削除してUbuntuをインストール」
・「それ以外」
「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択します。

4)次の「ディスクを削除してUbuntuをインストール」ページでは、
ドライブの選択で、内蔵ハードディスクを必ず選択して、「インストール」ボタンをクリックします。

5)インストーラはパソコンメーカーの二つのパーティション(基本パーティションやSWAPパーティションを意識せずに)を認識してスムーズにインストールが完了しました。

手順5.Ubuntu 16.04 LTSをUbuntu 18.04 LTSにアップグレードしますが、Ubuntu 16.04 LTSのインストール後の再立上げで、先ずUbuntu 16.04 LTSのバージョンを上げます。

手順6.Ubuntu 18.04 LTSにアップグレードします。

手順7.Google Chrome や Virtual Box や VMWARE などを必要に応じてインストールする。 Google Chrome(google-chrome-stable_current_amd64.deb)やVirtualbox(virtualbox-5.2_5.2.18-124319~Ubuntu~bionic_amd64.deb)をダウンロードしてダブルクリックするとUbuntuソフトウエアからインストールできます。VMWARE(VMware-Player-14.1.3-9474260.x86_64.bundle)をダウンロードして、端末から下記コマンドを入力してインストールします(ファイル名は2018/09/25のものを表示しています)。
$ cd ダウンロード
$ sudo sh VMware-Player-14.1.3-9474260.x86_64.bundle

手順8.16.04 LTSからのアップグレードを行った場合には日本語入力ができない。なので必要なパッケージである「ibus-mozc」をインストールする。

1.「設定」の「地域と言語」を開き、「⁠インストールされている言語の管理」をクリック。
2.「言語サポートが完全にはインストールされていません」というダイアログの「⁠インストール」をクリックして、インストールする。

3.インストール完了後、「⁠設定」の「地域と言語」を開いて「入力ソース」のところにある「+」をクリック)⁠。
4.「⁠入力ソースの追加」というダイアログが表示されるので「日本語」をクリック⁠。「⁠日本語 (Mozc)」があるのでこれを選択して右上の「追加」をクリック⁠。
5.画面右上の、「ja」をクリックして「日本語 (Mozc)」を選択。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.