ハーバード大学に裏口入学はあるか?

BUSINESS INSIDER ハーバード大学の「Zリスト」を暴いた訴訟 Zリストは入学できる学力に満たないVIPの子供達を入学させていると疑っている人達がいる から

・ハーバード大学に対する訴訟では、驚くべき施策を明らかにする入学書類がさらけ出されたとニューヨークタイムズ紙は報じた。

・「Zリスト」に載った学生は、同校への入学を1年先送りしなければならないが、訴訟の原告によると、たとえレガシー枠の学生が学力的に基準を満たしていなくても Zリストは彼らを入学させる方法である。

・ハーバード大学はこれを否定、Zリストはレガシー枠の学生の実際の割合を反映したものではないと述べた。レガシー枠の学生の割合が多くなっているのは、彼らが他の学生よりもリスト入を承認する傾向が強いためと語った。

・ハーバード入学者についての他の暴露記事は、ニューヨークタイムズ紙によるとハーバード大学にコネを持つ入学希望者を記した”学部長の入学希望者リスト” “学長の入学希望者リスト” などの存在が明らかになった。

・訴訟の原告は、アジア系アメリカ人の入学希望者は、ニューヨークタイムズによると、成績優秀だが、個性的ではないと記載されると言っています。

注. レガシー枠とはハーバード大学の高額寄付者や有名な卒業生の子弟のことです。

[感想]
ハーバード大学に裏口入学はあるかどうかの判断は、Zリストに関する案件が裁判中のためにできませんが、Zリスト以外に、”学部長の入学希望者リスト(dean’s interest list)” “学長の入学希望者リスト(director’s interest list)”まで出てくるとかなり疑わしいですね!
そうなると、世界にその名を轟くハーバード大学が裏口入学でゆれているのに、日本の難関大学はどうでしょうか?私の大学受験の頃、受験偏差値の非常に高い大学は難問を出題していました。大学に入れるだけの学力があるかどうかを試す試験のはずが、高校にはない多重積分の計算や大学レベルの複雑な定理を知らないと解けないような難問が多数ありましたからね!難関大学に入学した学生は何故そんな難問が解けたんだろうか?いまでも私の疑問です。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 一般・政治. Bookmark the permalink.

Comments are closed.