日大アメフト部の公式戦復帰認められず 疑問

MSNニュース 朝日新聞DIGTAL(2018/07/31)によると
関東学生アメリカンフットボール連盟(以下関東学生連盟)は、日大アメフト部の公式戦復帰を認めないことを決めた。
関東学生連盟監事の寺田昌弘弁護士は「(再発防止策の実効性)には、日大アメフト部のみならず、大学本部などが問題点を共有することが不可欠であるが、それが十分にできていない。」また、関東学生連盟の森本啓司専務理事は、いまだに公の場で発言していない日大の田中英寿理事長について、「今後の(再建)の重要なキーになる方であることは間違いない。今回の処分を受けて、その動きを注視したい」と指摘した。

[感想]
関東学生連盟は、5月の日大アメフト部の反則について再発防止策が充分に採られているかどうかの判断をすればよかったはずですが、そこに何故日大本部や田中理事長が登場するのか意味がよく分かりません。
だいたい日大本部や田中理事長がアメフトの複雑なルールを知っているんですか(田中理事長はアメフトのことは何も知らないそうです)?
内田前監督がたまたま日大の理事を兼務していただけのことで、5月の日大アメフト部の反則には、日大本部や理事会や田中理事長は全く関係していません。
反則の再発防止が最大の課題のはずで、そこにアメフトの経験もなくルールも分からない日大本部や田中理事長を加えてどうなるんですか?
スポーツで監督は強い権力を握っています、なので内田前監督が日大の理事を兼務していたことと反則問題は関係がないと思われます。

ところで内田前監督と井上奨前コーチが関東学生連盟からの除名処分を不服とし、近く異議申し立てをするそうです。
確かに関東学生連盟が認定した内田正人前監督と井上奨前コーチの指示で行われたタックルは、結果から解析すると「次の行動に移ろうとして歩いている相手選手に向かって30mほど後方から突進してタックルする反則」と「しかも相手選手には怪我をさせない」という矛盾した指示を出したことになります。
そして相手選手は潰さず自分達の首だけを絞めるようなタックルを監督コーチが何故指示したのか、ここが最大の疑問です。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 桜工会. Bookmark the permalink.

Comments are closed.