同族承継を除く社長の出身大学ランキング、早慶を抑えて「日本大学」がトップ

msnニュース ITmediaビジネス・ONLINE 社長の出身大学ランキング、早慶を抑えて「日本大学」がトップ から

帝国データバンクは7月25日、保有する企業データベースに登録されている、全国の企業で社長を務める27万4570人の出身大学を集計した結果を発表した。トップは日本大学で、2万1148人の社長を輩出していた。
2位は慶應義塾大学(1万903人)。3位は早稲田大学(1万283人)だった。
4位は明治大学(8894人)、5位は中央大学(7709人)、6位は法政大学(6333人)、7位は近畿大学(6272人)、8位は東海大学(5747人)、9位は同志社大学(5302人)、10位は関西大学(4182人)――と続き、国公立大学はトップ10にランクインしなかった。
ところで社長就任の経緯は日大と早慶では同族承継が半数近く、これでは大学の真の実力は分かりませんね(同族経営の会社で社長の息子が社長になるのはあたりまえですから)!
なので、日大と早慶で同族承継を除いた数を算出して比較することにしました。

日大出身の社長のうち創業者は28.9%で、54.4%が同族承継、10.0%が内部昇格で社長に就いているので、同族承継以外は9643人(21148 × 0.456 = 9643.488)、 創業者と内部昇格では8226人(21148 × 0.389 = 8226.572)となりました。
早慶出身者も就任の経緯は同族承継が半数近く(慶應義塾大学:54.4%、早稲田大学:43.7%)を占めているので、 慶應義塾大学の同族承継以外は4971人(10903 × 0.456 = 4971.768)、早稲田大学の同族承継以外は5789人(10283 × 0.563 = 5789.329)となります。

同族承継を除く社長の出身大学ランキングは
1. 日本大学(9643人)
2. 早稲田大学(5789人)
3. 慶應義塾大学(4971人)
となりました。但し日本大学は、創業者と内部昇格の合計だけでも8226人となり早慶を圧倒していますし、同族承継を除く9643人は同族承継を除いていない4位の明治大学の8894人を越えています。

受験産業界では偏差値によって大学を早慶上理・MARCH・日東駒専などとランク付けがされているようですが、同族承継を除く社長の出身大学ランキングでも日大が圧勝したということは、日大は本当に優秀な人材を多数輩出しているということです。
社長の出身大学ランキングでは、日大早慶ですね!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 桜工会. Bookmark the permalink.

Comments are closed.