動画の保守系チャンネル相次ぎ閉鎖 対策

zakzak by 夕刊フジ 動画の保守系チャンネル相次ぎ閉鎖 「言論人の暗殺だ」作家・竹田恒泰氏が激怒 左派系ネットユーザーが監視か から

動画配信サイト「ユーチューブ」で“異変”が起きている。慰安婦問題などの「歴史戦」で中韓両国に批判的な、いわゆる保守系チャンネルが、相次いで閉鎖に追い込まれているのだ。特定の主張を狙い撃ちにした、外部ユーザーらによる「攻撃」の疑いがある。恣意(しい)的な言論規制につながる危険性はないのか。当事者の1人となった、明治天皇の玄孫で、作家の竹田恒泰(つねやす)氏が激白した。

[感想]
私は外部のSNSに頼って、動画などを配信するのには、懐疑的でした。なぜならば、外部のSNSの方針にそってチャンネルが勝手に閉鎖される可能性が以前からあったからです。
このブログは、私の意思のもとにSNSを構築管理しているので外部からの干渉を一切受けていません。しかもSNSを構築するためのサーバも独自に構築したもので、ブラックハッカーからのセキュリテイ攻撃にも耐えられるサーバを構築運営しています。
なおサーバのIPアドレスやドメインも独自に取得しています。諺通り「他人のふんどしで相撲をとるな」!
閉鎖された保守系チャンネルの方は、独自サーバや独自SNSを立ち上げて再起を図って頂きたいですね!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.