55歳の壁

MSNニュース 日刊SPA! 「55歳で人生が“下り坂”になった」現役シニア社員58%が回答から

「55歳の壁」を経験した300人に事情を聞いてみたところ、「収入が減った」人が約6割にのぼることがわかった。その背景を、まずは詳しく見ていこう。

「会社員にとって55歳という年齢は、多くの企業で“戦力外”扱いが始まる年齢です」と話すのは、中高年専門ライフデザインアドバイザーの木村勝氏。

「それを象徴するのが大企業を中心に導入されている役職定年。後進に道を譲るという名目で、一定の年齢に達すると管理職を外されるしくみですが、この年齢を55歳に設定している企業が多いのです」

 その結果、役職手当がなくなって年収が下がる……という、実にシンプルなシナリオだ。

「月に課長で約10万円、部長で約20万円の減収になりますから、覚悟はしていてもショックが大きい。年収でいえば約2~3割減といったところでしょう」(ジャーナリストの溝上憲文氏)

 役職定年は大手企業の約半数で導入されているが、この壁を乗り越えることができるのは、55歳の手前で役員になれた“選ばれし者”のみ。100人同期がいて1~2人というレベルの狭き門である。

 一方、その他の98~99人がたどる道には、「リストラ」と「転職」の壁がそびえる。

「昨今の企業は常に事業内容を変えながら生き残りを図っていますから、いつ予期せぬM&A(合併と買収 )があったりするかわかったものではない。そんなときに真っ先にリストラの対象になるのはシニア社員。その結果、不本意ながら転職市場に投げ出される人も多いでしょうが、転職市場には“四捨五入の法則”があり、55歳を過ぎると“60歳定年退職者”と同じカテゴリーに入れられます。50代前半なら、過半数の人が離職後1年以内に転職できますが、55歳を超えると1年以内の再就職率は4割以下に激減します」(木村氏)

 なんの対策もしていなかった場合、給料半減で転職できればいいほうで、最悪の場合、「仕事が見つからない」という事態も覚悟しなくてはならないという。

[感想]
年金の支給開始年齢の引き上げで、サラリーマンの定年が60歳から65歳へと引き上げられるそうですが、現実はどうでしょうか?
役職定年とは後進に道を譲るという名目で、一定の年齢に達すると管理職を外されるしくみですが、この年齢を55歳に設定している企業が多いそうです。そうであれば、サラリーマンの定年は60歳や65歳どころか現実的には55歳ではないでしょうか?
管理職を外された会社には居づらいでしょうね?55歳で管理職を外されてその後同じ会社に10年間も勤務するのは相当にストレスが溜まりそうですね!私にはそんなストレスには耐えられそうにありません!
しかも転職しょうとしても“四捨五入の法則”があり、55歳を過ぎると“60歳定年退職者”と同じカテゴリーに入れられそうですね。55歳を超えると1年以内の再就職率は4割以下に激減するそうです!
なので65歳定年なんて、役所仕事の戯言のように聞こえますね!
自分が55歳で会社から“戦力外”扱いされるのを感じたならば、54歳までに別の会社に転職するのも方法の一つかもしれませんね!“四捨五入の法則”から55歳は60歳定年退職者でも54歳は50代の現役社員になります。わずか1年の違いでも大きな違いがあります(私の経験では人事関係の人は、頭の固い人が多く融通が利きません)?でもこの方法は参考程度にして下さいね!転職して失敗しても私に責任はもてませんから!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.