日大アメフトによる反則 疑問点

[2018/05/23 追記]
朝日新聞デジタルで、「日本代表ヘッドコーチ(HC)の経験がある東大の森清之HCは、日大コーチが発したという「潰せ」という指示はアメフト界では日常的に使われていると明かし、「『ルールを守った上で、激しいプレーをしてこい』という意味に近く、その言葉だけなら日大側が言う『受け取り方の乖離(かいり)』の可能性もあり得る」」と語っています。
「しかし選手が会見で明らかにした、「相手のQBがけがをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」というコーチの発言については、「考えられない」とも言われてます。選手は異常な数々の言葉を浴びせられており、森HCは「これだけ言われた上で『潰せ』と指示されたら、選手が『けがさせろ』の意味で理解したとしても全く不思議ではない。乖離で片付けられるものではない」と語っています。」

[感想]
私も以前から、こんな誰にでも分かりやすく証拠として残せる反則行為を、精度の高いデジタルカメラが一般家庭までにも普及している時代に、監督やコーチが悪質な反則行為を指示したという報道には疑問を感じていました。
しかも、ルールを守った上で激しいプレーをして相手を偶然に怪我させても、それがアメフトという格闘球技なんだとコーチは言いたかったようにもとれます。
アメフトの本場アメリカでは伝統のアメフト対決:アーミー・ネイビーゲーム。ウエストポイント陸軍士官学校とアナポリス海軍兵学校のアメフト試合は映画館のニュースなどで昔から有名です!ウエストポイント陸軍士官学校とアナポリス海軍兵学校は戦闘のプロを養成する機関なので、そう考えるとアメフトは格闘球技ですね、マスコミのようにあくまで球技としてとらえていては、事実が見えてこないのでは?
今回の事件で産経新聞によると日大全体のイメージがダウンしているそうですが、日大アメフトにも日本大学法学部公認のアメリカンフットボールサークル「ファニーブレイブス」というものがありますが、これに内田前監督は関係していません。日大の各学部公認の運動サークルは、民主的で勝つためには手段を選ばないような運動部ではないので、日大全体のイメージがダウンするのは納得できません。

[2018/05/25 追記]
「みえみえバレバレの反則」を何故選手が行なったのか分かりません!しかも対戦相手の関西学院大では、「悪質タックル」が発生した時点から「みえみえバレバレの反則」を監督やコーチの指示と認識していたようですが、反則なんて一般的にみえみえバレバレではやらないものでしょう。
自分達の首をしめるような「みえみえバレバレの反則」を監督やコーチが指示したなんて、納得できような記事は発見できていません。

勘違いされているようですが、ルールの範囲内でもタックルが許されている以上、大怪我させる可能性はあります!硬いヘルメットや肩のプロテクターを着けた重量級の選手からタックルされたらあばら骨が折れたって何も不思議ではありません。ルールの範囲内でも反則でもタックルする選手の攻撃力は、物理的には同じはずです。なので潰すというのはアメフトルールの範囲内であっても怪我をさせる可能性もあるわけです。

[2018/05/28 追記]
定期戦(5/6)の最初のひどい「みえみえバレバレの反則」の時に、選手退場とならなかった審判の判定に関西学院は審判に抗議せずそのまま何故試合を続行(選手達が危険にさらされているにもかかわらず)したのでしょうか?なので日大側としてはこの異常な反則を致命的な大問題として把握できず対応が後手にまわったのではないか?5/26に関西学院大は選手の安全担保ができないとして、日大との定期戦を中止していますが、5/6の試合でも選手の安全担保ができなかったはずで、異常な反則が発生した後、試合を中止させず何故続行したのか不思議ですね?

[2018/05/30 追記]
MSNニュース(ディリースポーツ)によると、『5月6日に行われた関西学院大との定期戦で日大選手はプレーが終了した数秒後に後方から関西学院大QB選手にタックルをし、負傷させた。この際に、事前に内田前監督や井上前コーチからけがをさせることを意図した指示があったかどうかに焦点が当てられていた。』

[感想]
プレーが終了した数秒後に後方から無防備なQB選手に向ってタックルする異常な反則行為が非常に危険なプレーなんです!それを内田前監督や井上前コーチが指示したかどうかが焦点だったはずで、何か問題の本質が変貌しているように感じます。

今回(5/29)の関東学生アメフット連盟 の処分で、反則が監督やコーチの指示であったかどうかの判断はどうなったのでしょうか?
「つぶせ」という指示はアメフト界では日常的に使われていて、『ルールを守った上で、激しいプレーをしてこい』という意味に近いそうですね!
日大コーチの言葉はルールを守った上で 激しいプレーをして相手を偶然に怪我させてもそれがアメフトというスポーツなんだと言いたかったようにもとれますから。

[2018/05/31 追記]
MSNニュース AERA dot.から

連盟の会見では、内田前監督や井上前コーチの「うそ」が次々に明らかにされた。日大アメフト部の複数の関係者に事情聴取したところ、監督の指示を明言した選手の主張とほぼ一致。試合中にチームメートが当該選手のタックルについて「監督の言うとおりにやったんや」と発言しており、「クオーターバックをつぶせ」ということが内田監督からの指示であったことはチーム全員が知っていたという。
 試合終了後にロッカールームに監督や4年生のレギュラーメンバーらが集まり、ハドル(会議)を行った。そこで内田前監督は、「こいつにやらせたのは俺が指示したこと。こいつが成長してくれればチームのためになる、相手のことなんて考える必要はない」という趣旨のことを言ったという。その後の部員全体のハドルでも内田前監督は「当該選手の反則について俺がやらせたんだ、何か聞かれたらそう言え」と堂々と話していたという。
内田前監督は選手の反則行為について「ちょうどインカム(ヘッドホン)を落としてしまって見ていない」と主張していた。連盟としてビデオ映像を検証したところ、前監督は反則した選手を目で追い、インカムを拾う姿は確認できなかったという。

[感想]
『部員全体の会議でも内田前監督が「当該選手の反則について俺がやらせたんだ、何か聞かれたらそう言え」』 今までと違って決定的なものが出てきました。でもこれが事実であれば、何故もっと早く出てこなかったんですか?日大の反則選手は、弁護士を通じて「5月22日の記者会見で、私が覚えている事実は全てお話ししましたので、これ以上お話しすることはありません」とのコメントを発表していますからこれには矛盾しています。
また若い日大アメフトOBは『いや内田先生が言っている通り選手が思いちがえてやったんだ。内田先生はそういう指示はしない』という方もおられます(今、関学擁護はアメフト部の現役世代、古いOB、一方、内田氏や大学擁護するのは若いOBという構図になっているそうです)。

内田前監督は選手の反則行為について「ちょうどインカム(ヘッドホン)を落としてしまって見ていない」と主張していたので、連盟としてビデオ映像を検証したそうですが、反則の映像と内田前監督を同時に撮影したカメラがあったんでしょうか?それとも反則の映像と内田前監督の映像を別々のカメラで撮影していたんでしょうか?試合中に監督を撮影する必要があるんですか?もし別々のカメラで撮影されたならば、時刻はずれていませんか?(反則行為はわずか数秒ですから)。これも試合中の反則のタイミングで監督を何故撮影したのか?これも新たな疑問です。

[2018/06/06 追記]
反則した選手は監督やコーチの指示に従ったと言ってますが、反則した選手が理解した「クォーターバックを潰せ」という指示には、従っているんですか?「潰す」というほどの強烈なタックルではなかったようで、反則を犯した選手が理解したコーチや監督の指示には、かならずしも従っていないので矛盾が生じています。実祭に関西学院大の被害選手はどこも骨折していません。

アメリカ映画「心の旅」(ハリソン・フォード主演)で、ハリソン・フォード演じる記憶を無くした弁護士が、リハビリの看護師に慰められるシーンがあります。
「おれは ひざが悪い なぜ悪いのか尋ねろよ なぜだ 大学時代フットボールをしてて痛めた フットボールが人生だった ほかには何もなかった 母校での試合 高くキックされたボールを受け止めた 目の覚めるようなナイスキャッチ その時ひざの骨の折れた音が その瞬間自分でハッキリ分かった これでおれの人生は終わりだ」
その後 リハビリの看護師となり新しい人生が開ける 映画の感動的なシーンですが、ボールをキャッチした瞬間、ひざがおれたんだから 相手の選手からタックルされているはずです。しかもルール内ですからだれにも文句が言えません。

[2018/06/07 追記]
MSNニュース NumberWeb から

日大アメフト問題に見る球界監督論。時代は「ボス」から「リーダー」へ。から

スポーツ紙やテレビの情報系番組だけでなく、一般紙やニュース番組も連日取り上げている日大の「悪質タックル問題」。

アメフットを観たことがない人でも、あの動画を見ればただの反則ではないとわかるだろう。そして誰もが「本当に異常なのはこの選手ではないはずだ」と推論し、その後の展開は予想通りになっている。
指示したとされる内田正人前監督は、大学の常務理事(辞任)という要職にも就いていた。

[感想]
私は、日大の悪質タックルを指示したのは、内田正人前監督だとは思えません。何故ならば、あんな「みえみえバレバレの反則」を指示しても自分で自分の首をしめるようなもので、何も得するものがないからです。
内田正人前監督は、 大学の常務理事という要職にも就いていた方なので、そんなこともわからないようなおろかな人ではないはずです。
逆に、関西学院大は、「悪質タックル」が発生した時点から、内田正人前監督の指示と何故考えたのか、これは今回の事件の最大の謎です(但し過去に日大がこんな異常な反則を行なっていたなら、この疑問は解決します)。しかも、異常な反則を犯した選手が即退場にならなかったので、関西学院大の選手には危険が迫っているにもかかわらず審判に何の抗議もしていません。不思議ですね!
マスコミは誰もが「本当に異常なのはこの選手ではないはずだ」と推論したとしてますが、監督はスポーツにおいて指導者として尊敬される立場ですから、こんな異常な反則を監督が指示したとは一般的には考えないのではないでしょうか?

2018/06/16 追記]
MSNニュース PRESIDENT Online 日大悪質タックル、関学はネットで知ったから
「関学大が日大の悪質タックルに気づいたのは試合の翌日。しかもSNSを通じて外部から指摘を受けてからだった。」

[感想]
アメリカンフットボールの日大と関西学院大の定期戦で、日大の選手が関西学院大の選手に異常なタックルをしてケガを負わせたということになっていますが、そこがおかしくなりますね。当日にケガを負わせられたならば、監督やコーチにも連絡が入るはずだし、当然異常なタックルもそこで連絡が入るはずです。ですから監督やコーチに連絡が入らなかったということは、ケガしていなかったということでしょうか?これがもし本当ならば傷害罪は、「人の身体を傷害した」ことを処罰するもので、刑法204条に規定された罪ですが、そこが成立するでしょうか?

マスコミが報道しているように、悪いものは是正しなければなりませんが、日大アメフト部(フェニックス)の反則問題では疑問点が多すぎます。このブログはあくまでその疑問点をまとめたものです。
  

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 桜工会, 歴史・スポーツ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.