NHK ネット同時配信 “契約世帯は追加負担なし”

NHK NEWS WEB から NHK ネット同時配信 “契約世帯は追加負担なし” より抜粋したものです

放送と通信の融合が進む中、NHKは常時同時配信サービスができるようになった場合の基本的な考え方を示しました。
NHKは、テレビ放送のインターネットでの常時同時配信を放送の補完と位置づけるとしています。そのうえで、「受信料制度等検討委員会」の答申を踏まえ、すでに受信契約を結んでいる世帯は、追加の負担なく常時同時配信を利用できるようにするとしています。
また、災害時など国民の生命を守るために広く情報を提供すべきだと判断した場合には、誰でも利用できるようにするとしています。
そして、地上波の総合テレビとEテレを対象に2019年度中にサービスの開始を目指すほか、地域の放送局が放送する番組については、その地域に限った配信を段階的に始めたいとしています。

[私の感想]
私の自宅は、現在地デジ送信所からの地上波が、隣のマンションで遮(さえぎ)られNHK総合テレビやEテレなどの地デジが全く視聴できません。以前は、隣のマンションのアンテナから地上波を貰って視聴していましたが、3年前から突然地デジがテレビで見れなくなりました。調べてみると地上波が高層マンションのアンテナから全く出ていません。隣のマンションのオーナーに何度も苦情を言いましたが全く相手にしてくれません。まるでケーブルテレビとの契約を要求しているかのようです。
その場合、ケーブルテレビの利用料と受信料とで負担が増えてしまいます。自宅にアンテナを建てられればいいんですが、地デジ送信所の方角は 隣のマンションにスッポリ覆われて、アンテナを建てるところがどこにもありません。
地上波が届かない私の自宅のようなケースは全国で数多くあるのではないでしょうか?これだけ高層建築が増えて 地デジ送信所から地上波を送信する現在のやり方ではそろそろ限界があります。是非NHK ネット同時配信を一日も早く実現してほしいものですね!!!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.