8Kと4K、区別つかず

SankeiBizの記事から 【高論卓説】8Kと4K、区別つかず 先が見えた画素数競争 発想の転換必要 を抜粋したものです。

8Kテレビと4Kテレビを見比べる機会があった。フルハイビジョンテレビは2Kで、4Kは2Kの4倍、8Kはさらにその4倍の画素がある。従って8Kテレビは画面が4Kの4倍、2Kの16倍、高精細なのである。
 しかし8Kと4Kはぱっと見ても、それほど違いは分からなかった。「細かい字を虫眼鏡で見てください」と言われて、近づいて虫眼鏡を当てて見たら、なるほど違う。遠目にはともにつぶれているように見えたローマ字が、8Kでは読めた。
 4K、8Kの国内での本放送は18年からだが、その前に4Kテレビは早々と値下がりした。8Kも同じ道が予想され、画素数競争の先は見えている。

[私の感想]
「8Kと4K、区別つかず」ではなくて、「8Kと4Kと2K、区別つかず」、かもしれませんね?自宅では、40インチテレビをフルハイビジョンの2Kで見てますが、これでも十分満足できる精細な画像になっています。白黒テレビで成長した年代には、著しい技術の進歩に驚かされますね!
単純に画素数だけを増やしても、上記の記事のように「8Kと4Kはぱっと見ても、それほど違いは分からなかった。」と述べているように、消費者の視点で考えると「蛇足」としか感じませんね!(要するに 人間の肉眼では見えないような高精細なテレビを販売しても意味がありません。)
しかし、現在の高精細デジタルテレビに全く問題がないわけではありません。フルハイビジョンの2K(1920×1080)でも精細すぎて、遠くまでも鮮明なので遠近感がなく映像にあまり厚みを感じません。以前作成していたDVD・NTSC(740×480)から映像をアナログ出力させてブラウン管テレビで再生すると、肉眼で見える景色に近く、映像に厚みが感じられ感動していました。また映画の暗闇の場面は真っ暗で、映画で何をやっているのか全くわかりません。是非改善してもらいたい点です。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in iT・家電, IT・数学・家電. Bookmark the permalink.

Comments are closed.