LPレコードカッティングのマスター音源はアナログテープか?

最近よく発売されてるアナログLPレコードの音に疑問を感じました。CDなどのデジタルメディアとかわりがない音です。各楽器の音が明瞭ではありませんし、全体的になにかこもったような音で高域には冴えがなく高音の伸びがありません。ダイナミックレンジも迫力を感じませんしフラットで盛り上がりません。
下記は、最近購入した新品のアナログLPレコードの©著作権 や ℗原盤権を記入したものです。

01. Kind of Blue
© 1959,2010 Sony Music Entertainment / Originally Released 1959. All rights reserved by Sony Entertainment. ℗ 2010 Sony Music Entertainment

02. Waltz for Debby
なし

03. Mendelssohn Symphonie N0.3 Wiener Philharmoniker Gustavo Dudamel
℗ & © 2012 Deutsche Grammophon Gmbh, Berlin

04. Kind of Blue(JAZZ LP RECORD COLLECTION 1)
(P) 1959 Columbia Record, a division of Sony Music Entertainment. ©1959,2016 Columbia Records, a division of Sony Music Entertainment. Licensed of Sony Music Entertainment UK Limited. © 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.

05. Blue Train(JAZZ LP RECORD COLLECTION 2)
© 2008 The Blue Note Label Group, 150 Fifth Avenue, New York, NY10011.Licensed courtesy of Universal Music Group International Ltd. © 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.

06. Lady in Satin(JAZZ LP RECORD COLLECTION 3)
(P) 1958 Columbia Records, a division of Sony Music Entertainment. ©1958,2016 Columbia Records, a division of Sony Music Entertainment. Licensed of Sony Music Entertainment UK Limited. © 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.© Sony Music Entertainment/Sony Music Special Products/550 Madison Ave., New York, NY 10022-3211/Columbia & Sony Reg. U.S. Patent & TM/Office/

07. Now’s the time(JAZZ LP RECORD COLLECTION 4)
(p) 1957 The Verve Music Group – A Division of UMG Recording Inc, Licensed courtesy of Universal Music Group Internal LTD,© 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.

08. TIME OUT(JAZZ LP RECORD COLLECTION 5)
(P) 1959 Columbia Records, a division of Sony Music Entertainment. ©1959,2016 Columbia Records, a division of Sony Music Entertainment. Licensed of Sony Music Entertainment UK Limited. © 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.© Sony Music Entertainment/Sony Music Special Products/550 Madison Ave., New York, NY 10022-3211/Columbia & Sony Reg. U.S. Patent & TM/Office

09. ELLA AND LOUIS(JAZZ LP RECORD COLLECTION 6)
(p) 1956 The Verve Music Group – A Division of UMG Recording Inc, Licensed courtesy of Universal Music Group Internal Ltd,© 2016 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.

10. SOMETHIN’ ELSE
©&℗ 771706 WaxTime Records

11. Maiden Voyage(JAZZ LP RECORD COLLECTION 8)
℗ 1965 © 2008 The Blue Note Label Group, 150 Fifth Avenue, New York 10011. Licensed courtesy of Universal Music Group International Ltd. © 2017 under license to De Agostini Deutschland GmvH and De Agostini UK Ltd.

12. SAXOPHONE COLOSSUS
なし

13. G’SCHICHTEN AUS DEM WIENER WALD Radio-Symphnie-Orchester Berlin Dirigent: Fernc Fricasy
℗ 1961 Deutsche Grammophon Gmbh, Stralaur Allee 1, 10245 Berlin © 1961 Berlin Deutsche Grammophon GmbH, Berlin / A UNIVERSAL MUSIC COMPANY

14. MAHLER SYMPHONY No.2 “Resurrection” VIENNA PHILHARMONIC ORCHESTRA ZUBIN MEHTA
℗ 1975 Decca Music Group Limited
© 1975 Decca Music Group Limited

上記のLPレコードで、マスター音源として、音が鮮明で迫力があるアナログテープからのカッティングと私が感じたのは、[02. Waltz for Debby] [03. Mendelssohn Symphonie N0.3 Wiener Philharmoniker Gustavo Dudamel ] [12. SAXOPHONE COLOSSUS] の3枚だけでした。
[02. Waltz for Debby] [12. SAXOPHONE COLOSSUS]には、©著作権 や ℗原盤権の表記はありませんでした。原盤から再プレスしただけのLPレコード(私は、このレコードが欲しい)には、©著作権 や ℗原盤権の表記はないはずです。©著作権 や ℗原盤権が表記されたLPレコードは、デジタルメディア(50年以上前に録音されたアナログテープからデジタル変換したものからノイズなどを消去したもの)からアナログディスクへカットすると言うマスタリングに、©著作権 や ℗原盤権を明記したものと推察しております。
[03. Mendelssohn Symphonie N0.3 Wiener Philharmoniker Gustavo Dudamel ]は©著作権 や ℗原盤権の表記がありますが2011/12の録音でアナログLPレコードのみの発売でCDでの発売がなかったことから、マスター音源として、アナログテープからのカッティングと容易に推察することができます。
このマスター音源が一番大切で、マスター音源のCDをわざわざアナログLPレコードにして聴くよりCD Player で直接聴くほうが合理的ではないでしょうか(CDからアナログLPレコードにしても、私にはCDの音に聴こえました)。

「日本唯一のレコードプレスメーカー東洋化成のエンジニアにレコードの疑問について聞いてみた Vol.1」のホームページのなかで、エンジニアの方が「レコードにすると音が良くなると言われたりもしますが、それって実際はどうなんでしょうか?」という質問に「時代によって音の良さの定義は変わるので、音がいいと言うのは言いがたいんですが、デジタルの音との違いが人間の耳にとっては優しく感じると言うことはあるかもしれないですね。」と答えておられますが疑問を感じます。
目指すべきものは、生演奏の音を録音で忠実に再現することです(モーツァルトの生きた時代、王侯貴族たちは音楽を生演奏で聴いてお茶を楽しむ習慣がありましたが、究極の贅沢ですね)。なのでアナログとデジタルで音が違うのはおかしいですね。

「デジタル化された音楽を再生してアナログの味わい深い音が再現できないか?しかもSACDやハイレゾなどの非常に大きなサイズではなく、非常に小さなサイズで生演奏の音が再現できないか?」これが私の研究テーマです。

JAZZが好きな方に「HERBIE HANCOCK MAIDEN VOYAGE」「JOHN COLTRANE QUARTET Ballads」などLPレコード名盤をマスタリング(生演奏に近い音)してサンプルとしてネットで視聴していただければいいんですが、上記のデアゴスティーニのJAZZ LP RECORD COLLECTIONのように、50年以上前の録音に沢山の権利を主張しているので、なかなか難しいですね!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in ジャズ・クラシック音楽. Bookmark the permalink.

Comments are closed.