リオオリンピック 卓球女子団体準決勝 男子柔道100キロ超級決勝

卓球女子団体の福原愛選手と柔道男子100キロ超級の原沢久喜選手は、リオオリンピックに出場した日本人選手以外に共通性はなさそうですが、両者とも審判の判定に泣いた点では、共通しています。

下記の文章は産経ニュース「ドイツに敗れて決勝進出を逃し、涙ぐむ伊藤美誠と石川佳純と涙をこらえる福原愛」から抜粋したものです。

動けなかったのではない。動かなかったのだ。リオデジャネイロ五輪卓球女子団体準決勝。台の縁をかすめたボールを、福原愛(ANA)は見送るしかなかった。
歓喜のハンが求めてきた握手を拒んだ。「もし握手したら、あのボールがエッジ(角)に当たっていたと認めることになる。だから最後まで握手したくなかった。チームメートもエッジに当たっていないと言っていた。だからずっと審判の判断を待っていた」。
ボールが台のエッジではなくサイド(横)をかすめていたのならば、アウトとなり、福原のポイントになる。審判に確認を求めた。判定は覆らない。VTRを見終えたハンが再び握手を求めてきても、まだ応じない。諦めずにずっとラケットを握っていた。村上恭和監督に肩を叩かれて、やっとハンの手に触れた。

下記の文章は産経ニュース「原沢久喜は「銀」、逃げ回る絶対王者に惜敗 場内は大ブーイング 後味悪い結末 男子100キロ超級」から抜粋したものです。
100キロ超級の世界選手権を7連覇し、「絶対王者」と呼ばれるリネール(フランス)相手の決勝。リネールが原沢と組むのを嫌がったため、効果的に技を仕掛けられず、 原沢は逆に2つの指導を奪われた。その後も、まともに組もうとしないリネールに指導が与えられ、会場からもブーイングが上がったが、逃げ回るリネールをと らえることができず、惜敗。五輪柔道最後の試合は後味の悪い結末となった。

下記の文章は産経ニュース「大ブーイングは「勝ちへの執着心感じた。すごい」原沢久喜がリネールたたえる」 から抜粋したものです。
決勝で逃げ回った相手選手、リネールに会場から大ブーイングが起 きたことについて、原沢は「リネールの消極姿勢もあったが、やはりそれは勝ちに対する執着心とかこだわりを感じた。あのような感じになっても勝ちを取った いうことで、すごいなと率直に思う」と相手をたたえた。

[私の感想]
審判の判定に泣いた二人ですが、対応は全く違いますね!福原愛選手はあくまでも日本の勝利を主張していますが、原沢久喜選手は安易に相手をたたえ敗れたことを公に認めてしまっています。
一見、原沢久喜選手のほうが「いさぎよい」ように見えますが、私はそうは思えません。
フランス柔道における「8つの心得」として「友情」「勇気」「謙虚」「礼儀」「誠意」「名誉」「尊敬」「克己」が挙げられます(ウィキペディアによる)。その中に卑怯(逃げ回る)のような記述はありません。メディアに「逃げ回る」と書かれた時点で敗れています(金メダルは取れても勝者ではありません)。
原沢久喜選手は自分をもっと大切にしてほしいと思います。4年後の東京オリンピックで決勝まで残れるという確実な保証はありません。現在が体力・技能が最高の状態なのかもしれませんからね!

福原愛選手は立派ですね!「もし握手したら、あのボールがエッジ(角)に当たっていたと認めることになる。だから最後まで握手したくなかった。チームメートもエッジに当たっていないと言っていた。だからずっと審判の判断を待っていた」と勝負に対する執着心が凄いですね!
福原愛選手は女性ですが、正当なことを主張して「いさぎよい」ですね!同じ日本人として誇りを感じます。

シドニーオリンピック男子柔道100キロ超級の篠原信一選手も世紀の誤審で金メダルが取れませんでしたが、相手は同じフランス選手でした。フランス柔道における「8つの心得」を是非思い出してほしいですね!

日本も2020年東京オリンピックに国を挙げて取り組んでいるようですが、明らかな誤審がまかり通る競技会に莫大な国費を費やすのではなく、ロンドンオリンピックのようなコンパクトで経費がかからない競技会にしてもらいたいものです。

[2016/08/16 追記]
エッジボールかサイドボール(エッジボールならドイツの勝ち、サイドボールなら日本の勝ち)かで判定が別れるようですが、確かに福原愛選手が言っているように、卓球台の隅に当たったボールは下方に落ちています。ボールがエッジに当たれば物理的に跳ね上がるはずですからね!

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 歴史・スポーツ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.