中国ネットウオッチ 熊本地震祝いバーゲンセール

下記の文章は産経ニュース(電子版)から【中国ネットウオッチ】熊本地震祝いバーゲンセール「日本沈没なら在庫一掃セールだ!」 さすがに「中国人の恥さらし」と非難の嵐… の紹介です。
熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震の被害状況は中国でも大きく報道され、一部のニュースサイトが特集ページを組むなど高い関心を集めている。ただ 長年の反日教育が醸成してきた日本への敵意と憎悪は、ネット上で隣国の災害を喜ぶ書き込みとして噴出し、地震記念セールを掲げる企業まで現れた。
一方、こうした低劣な人間性を攻撃し、被災者の平穏を祈る声も少なくなく、中国世論の分裂と葛藤を浮かび上がらせた。
香港の蘋果日報(電子版)は17日、「良心のない中国企業」が日本で起きた地震を祝う特別セールを実施し、ネットユーザーらの怒りを招いていると報じた。記事によると、浙江省で調理器具などを生産している企業は自社のホームページで「日本の大地震を祝い、今日からバーゲンセールを実施します。もし日本が沈没したら在庫一掃です」とアピール。また陝西省の自動車販売店も「さらに大きな地震がくれば価格はもっと安くします」とネット上で宣伝した。中国版ツイッター「微博」には、店頭に地震を祝うメッセージを掲げた家電店の写真も出回った。あるユーザーはリストを作成し、日本の地震に便乗して下劣な宣伝を行った企業・店舗は中国国内で20以上に上ると主張した。
さすがにネット上では「中国人の恥さらし」「こんなに悪辣(あくらつ)で下品なやつらは人間とはいえない」「最低の道徳すらないゴミたち」「(反日の)洗脳で価値観が狂ってる」とネット上で怒りの声が続出し、ほとんどのメッセージは削除されたもようだ。
ただこうした行為が相次いだ背景には、中国社会に沈殿する反日情緒がある。普段はさほど目立たないが、良きにつけ悪しきにつけ日本をめぐる大きなニュースが報じられると、一斉にこの感情が巻き起こり社会を満たすことになる。熊本県南阿蘇村の温泉旅館で孤立していた中国・上海からの観光客20人が自衛隊ヘリで救出されたとの報道に対しては、同胞が救助されたことへの安堵(あんど)や感謝よりも、「漢奸は助けなくてもよい」「日本の犬はかえってくるな」と被災した観光客を突き放す声が目立った。「中国人を代表して日本の人民が平穏に過ごせるよう願う」とのコメントには「おまえは中国人ではなく漢奸の代表だ。本当の中国人は歴史を忘れない」「日本は中国侵略を否定し、南京大虐殺を否定している。おそらく天意だろう」と歴史を持ちだし、日本をののしる自らを肯定する書き込みが相次いだ。
地震発生後に「ライオンが逃亡した」「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などの悪質なデマが日本のツイッターで出回ったことも「これが日本の民度だ」などと日本を“口撃”する正当化に利用された。
「いつ東京大地震は起きるんだ。待ちわびているぞ」「遅かれ早かれ大和民族には天罰が下る」「津波が発生しなかったのは幸い中の不幸だ」こうした病的な反日情緒をたしなめ、被災者の平穏を祈る声が一定数あることは救いだといえよう。「自然災害を前に人類はちっぽけな存在だ。日本の民衆が早く通常の生活に戻れますように」「日本に天の加護がありますように。日本の人民がんばれ」熊本県のPRキャラクター「くまモン」は「熊本熊」として中国人にも人気があり、「くまモンは大丈夫だよね?」といった書き込みも。微博などでは、けがをした「くまモン」の手をとって気遣うパンダのイラストが広くシェアされている。

[私の感想]
中国がここまで日本を嫌っているのかと改めて知り本当に驚きました。これが逆の立場ならどうでしょうか?中国の都市が地震に見舞われ多くの人が犠牲になった時に、日本の家電量販店やスーパーマーケットがバーゲンセールをやったなら必ず国際問題まで発展してバーゲンセールをやった家電量販店やスーパーマーケットは営業停止に追い込まれ日本政府の見解として正式に中国政府に謝罪することも予想されます。
しかし熊本地震でバーゲンセールを行った中国の家電店や企業は何も罰せられていませんし、中国政府からの非公式な謝罪さえありません。ようするに反日情緒をたしなめ、被災者の平穏を祈る声は少数だと思われます(2012.9には中国暴徒がパナソニックなど日系企業を襲っています)。
ところで昔から日本の経済界は、このように反日感情の極端に強い国である中国が好きですね!三洋や東芝の家電部門は中国企業に売却され、シャープも実質的には中国企業と言われるホンハイに売却されました。
下記に日本から中国への経済協力を示す象徴的な出来事を示しています。

1. 昭和53(1978)年に、当時、副首相だった鄧小平(とう・しょうへい)氏が大阪府茨木市の松下電器のテレビ工場を訪れた際、出迎えた松下幸之助氏(当時相談役)に「中国の近代化を手伝ってくれませんか」と頼んだ。松下幸之助氏は「できる限りのお手伝いをします」と返し、翌54年には北京に松下電器駐在員事務所を開設した。62年にはブラウン管製造の合弁会社を北京に設立し、日本企業では戦後初めて中国に工場進出した。その後も次々と合弁会社の設立を進めた。

2. 土光敏夫氏(東芝社長、第4代経団連会長)が経団連会長だった78年2月、「日中長期貿易取決め」が締結された。同取決めは民間協定となっていたが、中国側の担当の中日長期貿易協議委員会は、政府機関同然であった。

松下幸之助氏や土光敏夫氏は、三洋や東芝家電部門やシャープが中国企業に売却されることを想定していたでしょうか?日中の友好と経済の発展を確信して、中国への経済協力を推し進められたとは思いますが、中国に仕事を奪われ会社が倒産することを想定出来なかったのは、あまりにも愚かでした。
私は日大理工を卒業した頃(74年)、日本の技術が中国に流れて、やがて中国に仕事を奪われることを想定して非常に批判的でしたが、大手電機メーカーの指定校制(大学受験の偏差値が非常に高い大学の出身者だけを採用する制度)で応募さえできなかったので、どうすることも出来ませんでした。

でも世界には、日本に友好的な国は沢山あります。なにも日本に近いというだけの理由で、反日感情が根強い中国や韓国と無理に取引するのはあまり建設的ではありません。真に日本に友好的な国を経済協力してお互いが繁栄することができれば、日本は国際社会でさらに発展することができるはずです。

[2016/06/04 追記]
MSNニュース 中国人は「謝罪なきオバマ広島訪問」をどう受け止めたか? から
インターネット上で中国人は、「原爆が落とされたのは身から出た錆」「もっと原爆を落とせばよかった」無辜(むこ)の市民の苦しみを無視した、そんな非人道的なコメントをする方がいるそうです。
インターネット上の声は必ずしも民意を反映してはいないと思いたい。中国で筆者が対話した中国人の中には、「戦争では互いに民衆が苦しんだ」と理解を示す人々もいるからだ。とは言うものの、日本人が他国の不幸に関して非人道的なコメントをすれば、例えインターネット上であろうとも大変なことになりますから。中国では反日感情が根強いということを改めて思い知らされました。

About 管理者

昭和49年日本大学理工学部数学科卒業。さすらいのSEである。卒業ゼミで数学科宇野教授から君は頭はいいが世間知らずだと言われる。「大きいところで尻尾になるより、たとえどんなに小さいところでも頭になれ」と教えられるが、真の意味がわからず日大理工卒業後さすらいの旅に出る。あれからもう40年、最近やっと安住の場所を発見する。
This entry was posted in 歴史・スポーツ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.